FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

あなたはいま、どういった収入で生活されていますか?

 

サラリーマンでしたら月々のお給料がメインだと思いますし、
専業主婦の方でしたら普通は旦那さんの収入がメインだと思われます。

 

そこでお聞きしたいのですが、月々の収入にどれくらいのプラスがあれば
あなたの生活は満足のいくものになりますか?

 

5万円でしょうか?10万円でしょうか?
それとも、100万円?

 

必要な金額は人それぞれだと思いますが、
「もう少しだけ収入が増えれば、いまよりもっと楽な生活ができるのに……」
と考えたことは、誰しも一度はあるはずです。

 

まずは、ご自身に合った目標額を設定してください。
それがあなたの生活にプラスするべき金額です。

 

そこを目指すために、私、鶴 正敏が全力でナビゲートしていきます。

 

【鶴式FX スキャルピング・プラス】
は、そんな思いで作らせていただきました。
あなたの生活に、素敵なプラスがあれば私も幸いです。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

もし、このサイトを見てくださっている方の中で

 

まだFXをしたことがない

 

過去にFXで痛い目を見た

 

現在進行形で含み損がある

 

こういった思いや経験を抱えている方がいるとしたら。

 

もしかして

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

なんて考えていませんか?

 

ハッキリ言ってしまえば、その考えは間違いです!
まずは、その誤解を解いていただきたいと思います。

 

もし、あなたが上記3つのいずれかにに当てはまるのだとすれば
今のあなたの状況は“得意技のない格闘家”のようなものです。

 

FXにおいては、手法という名の“得意技”がなければ
初心者であろうと知識のあるベテランだろうと、勝つことは等しく難しいと思います。

 

逆に言えば、
この相場の時はこう、このチャートの動きの時はこう、
といった、ケースバイケースに扱える手法を持っていれば、
トレード歴に関係なく誰でも安定した勝率を打ち出せるようになるはずです。

 

中でも、一番覚えておいて欲しいのは、
「休むも相場なり」
古来から相場に伝わるこの格言です。

 

これは、相場における精神は中立、冷静であるべきだということを説いた言葉で、
もし勝てない状態が続いているなら、それはあなたが“FXにのめりこみ過ぎている”
という状態であることにほかなりません。

 

そういう時こそ、この言葉通り一旦自分を見つめなおすべきである、ということです。

 

これまで教えてきた生徒さんにも伝えてきたことですが、
無理なトレードや、必要のないタイミングでのトレードをなくすだけで
普段のトレードはグッと安定するでしょう。

 

要は、チャンスの時にだけトレードすればいいんです。

 

「それが分からないから苦労してるんだろ!」

 

というお答えが返ってきそうですが、チャンスというのはしっかりした手法さえ身に付いていれば、
エントリーや損切りのタイミングを量ることができます。

 

それは
■チャート上に現れるクセ
であったり、
■過去の統計的に上昇、下降の確率が高いとされているポイント
だったりと、

 

チャンスの種類は様々ですが、実際に私のレッスンでは私自身が実践している手法として
結果を出すことができています。

 

そして、もちろんそのチャンスを知る方法は
【鶴式FX スキャルピング・プラス】
の中でバッチリと解説させていただいています。

 

インディケーターを用い、視覚的にわかりやすく解説していますので、
手法を身に付け、相場を読み解く力を養えばFXを難しいと感じることはなくなるはずです。

 

この手法を用いた生徒さんたちの勝率はだいたい80%ほどですが、
しっかりと学んでいただければもっと上手になる人も出てくるでしょう。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

初めに、前置きさせてください。

 

もちろんですが、すべての書籍がダメだというわけではありません。
中には私も愛読しているものもあります。

 

ですが、やはりわざわざ読むほどではなかったり、
間違った知識を植え付けてしまいそうな
誤解を招くような表現で構成されているものも多く存在します。

 

では、なぜ書籍のFX教材だけではダメなのか。
その理由は、大きく分けて2つあります。

 

ひとつは、FXトレードをする上で当たり前の知識しか得られない、という点です。

 

あなたがもし何の知識もなくFXを始めるのであれば、
そういった書籍も最初のうちは役に立つかもしれません。

 

ローソク足や移動平均線が何なのかを学ぶなら、
まず書籍を読まれることをおすすめします。

 

しかし、1歩踏み込んだような内容のことはほとんど書かれていないため、
結局は中途半端な実力しかつかない可能性が高いです。

 

ある程度の知識は入ってきますから、この状態でトレードを始めてしいます。

 

これは危険なことで、FXの基礎知識を憶えたからといって、
勝てる実力が身に付いたとはいえません。

 

もうひとつは、書籍という媒体には更新もサポートもない、ということです。

 

更新されないということは、内容はどんどん古くなっていくということですよね。
そんなものを頼りにして、刻一刻と変化する相場に対応できるでしょうか?

 

また、書籍にはアフターフォローはありませんよね?

 

結局は、そこに書いてある情報がすべてで、それ以上には期待できません。
つまり、書籍の中で情報が止まってしまっています。

 

せっかくお金を払って勉強するのであれば、コンテンツの更新やサポートがついている
“生きた”カリキュラムで学ぶべきでしょう。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

インターネットで「FX 手法」なんていうキーワードで検索すると、
色んな情報が出てきますね。

 

ほかにも、「稼ぎ方」や「勝ち方」なんていう魅力的なキーワードで検索しても
無数の情報が表示されると思います。

 

こういった情報を鵜呑みにされる方は少ないと思いますが、
中には物凄い実績画像が載っていて、私も欲しくなるものもあります。(笑)

 

「30万円が1億円になりました!」というようなものですね。
不可能ではありませんが、そういった情報があったら疑ったほうがいいでしょう。

 

本物の情報を見つけるのは、一苦労しますので、
トレードのタイミングを見つける方がよっぽど簡単だと思えてしまいます。

 

逆に、誰しも知っているような、FXの基本的な用語を調べるのであれば
むしろインターネットの情報をどんどん活用すべきです。

 

しかし、トレードの成否に直結するような情報や手法を信じ込んでしまうのは、
危険なことですね。

 

まずは、その情報や手法が「本物か?」を試してみられたらよいと思います。

 

同じような結果が出せない曖昧なものだったり、
そもそも実践不可能な論理だと、試すこともできないものもあります。

 

本カリキュラムでは、実際に試せる手法で必要なものだけ学ぶことが出来ますので、
そのあたりは安心なさってください。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

もし、あなたの代わりにプログラムがトレードをしてくれて
毎日利益を生み出してくれるとしたら、こんなにラクチンな儲け方はないと言えますよね。

 

実は、そういったサービスは既に存在します。

 

「自動売買システム」と呼ばれるもので、
システムによってやり方はまちまちですが基本的には、
決まった条件(ここまで行ったらエントリー、ここまで行ったら損切、など)を
自動でトレードしてくれる、というものです。

 

これで勝てるのであれば問題はないのですが、実はそこに落とし穴があります。

 

なぜなら、自動売買システムのトレードは過去のデータをもとに
過剰最適化をしたものがほとんどだからです。

 

最適化というのは、過去の一定期間の成績がよくなるように条件を操作したものです。

 

ですので、自動売買システムを使い始めたその時から負け始める、という話もよく聞きます。
システムが勝手に負けトレードを連発していたら……と思うと、ゾッとしませんか?

 

私がFXを始めてから多くのトレーダーさんとも交流しましたが、
「ひとつのシステムでどんな相場でも勝ち続けている」
という自動売買システムを聞いたことがありません。

 

広告ページには、

 

「何もしないでも100万円儲かります!」
「寝ている間に勝手に生活費が稼げます!」

 

といった魅力的な言葉とともにシステムの成績が記載されているかと思いますが、
現実には、そううまくはいかないようですね。

 

加えて、こういった自動売買システムではあなたの技術はまったく向上しません。

 

一時的には勝てる可能性のあるシステムがあっても、
その後使えなくなったらどうしますか?

 

そのことを考えれば、今回のカリキュラムで売買技術を学んだほうが、
結果的にあなたのためになります。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

トレードの基本であり、もっとも難しいとされているエントリーや損切りのタイミングを
メールなどで知らせてくれるのが月額課金の「シグナル配信サービス」ですが、
しっかりとしたプロのトレーダーさんが発信している信頼できる内容であれば、
非常に有用なサービスであると私は考えています。

 

しかし、今回私がオススメしている
【鶴式FX スキャルピング・プラス】
のような、あなたのトレード技術を底上げするカリキュラムで
学習していただけるのであれば、
こういったシグナル配信サービスは無用なものになります。

 

なぜなら、しっかりとしたカリキュラムで学べば
おのずとエントリーや損切りのタイミングが分かるようになるので、
わざわざ課金してまで教えてもらう必要がなくなるからです。

 

逆に、そういった配信サービスに頼りきりになると
あなたのトレード技術は一向に上がりません。

 

これでは、トレーダーとして一人立ちできたとは言えませんよね。

 

しっかりとした技術さえ学べば、自動売買システムやシグナル配信サービスなどの
他人の力に頼るようなサービスを使う必要は一切なくなります。

 

そのことを
【鶴式FX スキャルピング・プラス】
を通じて知っていただきたいと思っています。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

たとえば、
FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

こんな謳い文句のトレーダーさんが出している教材やセミナーを見かけます。

 

この際なのでハッキリ申し上げておきますが、
教材やセミナーを扱うトレーダー講師には、2種類のタイプがあります。

 

ひとつは、教材や書籍、セミナーの稼ぎで生活する、講師メインのトレーダー。
もうひとつは、実際のトレードで生活している、現役トレーダー講師です。

 

いったい、どちらが信頼できるトレーダー講師だと思いますか?
言うまでもなく、圧倒的に後者ですよね。

 

実際のトレードを通じて得た経験や技術を元に作成された
実践型のカリキュラムやセミナーのほうが、
本当の相場に通用するリアルな説得力に満ち溢れています。

 

逆に、普段トレードしない講師トレーダーが教える技術は、
実際の相場状況に則したものではなく、ほとんど使い物にならないのではないでしょうか。

 

冒頭で紹介したような、短期間で何億も稼いだというエピソードも
中には事実もあるのかもしれません。

 

ただし、そんな瞬間的な利益は“運”がよかっただけかもしれないのです。
プロトレーダーというのはそういうものではありません。

 

安定して利益を生み出せる、どんな相場でも勝ち続けられる人間だけが
プロトレーダーを名乗ることができると私は考えています。

 

そして、そんなプロトレーダーが監修したカリキュラムやセミナーは
それまで培ってきた経験や技術の結晶とも言えるものです。

 

つまり、本物のトレード技術が詰まっているものなんです。

 

私は、私自身のトレードテクニックを鈍らせないために実際のトレードも欠かしません。
さらに、新たに思いついた手法を試すためのお試し用口座も作っています。

 

もちろんデモ口座ではなく、実際の資金が動くリアルなトレードです。

 

これからトレード技術を身に付けたいと思っているあなたには、
現役トレーダーが監修するカリキュラムやセミナーで学ぶことをおすめします。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

今回のカリキュラムでメインターゲットにしている手法は、
ズバリ“スキャルピング”です。

 

数ある手法の中からなぜスキャルピングを選んだかというと、
「ポイントを絞って学習し、効率的にトレードできるようになるから」
この1点にほかなりません。

 

では、なぜスキャルピングにそのような魅力があるのか。
そこをあなたに知っていただきたいと思います。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

スキャルピングは、デイトレードやスイングトレードに比べて
ポジションを保有している時間が非常に短く、
1回のトレードは短いときは2〜3分、長くても30分以内に決済する手法です。

 

1日中チャートに張り付いている必要がないため、
主婦の方は家事を、サラリーマンの方は普段の仕事を大事にし、
あなたの生活スタイルを崩さずトレードを続けることが可能です。

 

専業トレーダーであれば、取引時間の短縮により
よりゆとりある生活を送ることができるはずです。

 

このように、どんなトレーダーでも取引時間の短さは大きなメリットになります。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

その1でご説明したとおり、取引時間が短いということは
それだけ1日のうちで勝ちトレードのチャンスが巡ってくる確率が大きい、
ということになります。

 

同じ1時間であっても、デイトレーダーであれば1回あるかないか、
スイングトレーダーであれば1時間じゃ決済できない可能性のほうが高いですが、
スキャルピングならば取引のタイミングさえあれば1時間のうちに何度でも
トレードするタイミングはあるでしょう。

 

短時間でトレードが可能ということは、その都度チャンスがある、ということ。
このチャンスを生かしてトレードしてくのが、スキャルピングの醍醐味ですね。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

スキャルピングの際に使用する主なチャートは
1分、5分、15分足のチャートです。

 

日足や1時間足などをチェックしたうえで短い時間のチャートを見れば、
トレードの精度が高くなるのは言うまでもありません。

 

そういった意味で、スキャルピングはほかの手法よりも
直近の予測が立てやすい手法と言えるでしょう。

 

また、今回のカリキュラムで扱うような使いやすいインディケーターを持ち、
使い方を習得した状態ならば、予測の立てやすい短い足での取引は
より容易になるはずです。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

スキャルピングは短い時間単位でトレードしていく手法です。
それが故にポジションを保有している時間も非常に短いです。

 

そのため、急落、暴落などの不測の事態に強く、
不測の事態が起きた際のリスクヘッジに大いに役立ちます。

 

メインの手法がスキャルピングになれば、
外出中に保有ポジションが気になって仕方なくなったり、
ポジションを決済できぬまま眠れぬ夜を過ごしたり、
といった精神的な不安も解消されるでしょう。

 

また、両建てや複数通貨にまたがってポジションを持つことが少なく、
短時間で決済を終わらせられるため資金管理もしやすい、という特徴があります。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

短時間で取引を終えられるスキャルピングならば、
小さな利幅をコツコツと積み上げることで利益を得ていくことが可能です。

 

もしあなたが、一度に40pips取る実力がなかったとしても。

 

10pipsならなんとか取れると思いませんか?
単純な話、その10pipsを4回取ればいいんです。

 

40pips取るには確かに才能が必要かもしれません。

 

ですが、もしあなたが10pipsならば取れる自信があるのならば、
その実力で4回取引ができればいいんです。

 

もちろん、実際はスプレッドなどの関係もあるためそううまくはいきませんが、
要するに

 

“プロ並みの実力がなくても、プロと同じだけの利益を得ることが可能”
ということです。

 

もしあなたが自分のことを並みのトレーダーだと思っていたとしても、
スキャルピングならば、今まで以上の効率で利益を取っていくことができるでしょう。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

よく
「順張りできない人は、いずれ大負けして退場する可能性が高いでしょう」

「プロはみんな逆張り、逆張りを使いこなせないうちは素人同然」
といった言葉を耳にしますが、どちらも非常にナンセンスなことばに聞こえます。

 

なぜ、世間のトレーダー講師さんや本の著者さんは、
『順張り』または『逆張り』のどちらかのスタンスに偏らなければ
いけないのでしょうか?

 

私は、これは単に「講師や著者のキャラクター付け」であると考えています。

 

どちらかに偏った解説を強調することで

 

「ああ、あの先生はすごいんだ!」
「あの先生は一本筋の通った理念を持っている!」

 

と思わせるのが目的なのではないでしょうか。

 

そんなことで間違った考えを押し付けられては、
教えられる側としてはたまったものじゃないですよね。

 

ハッキリ申し上げてまして、順張りと逆張りのどちらか一方だけで
トレードするということは得策ではありません。

 

どちらがいいとか、どちらが優れているとか、どちらが負けにくいとか、
そういう問題ではないんです。

 

重要なのは、流動する相場をしっかりと見極めて
どちらでも対処できるように日頃から準備しておく、ということ。

 

これが一番のポイントです。

 

順張りに適したチャートパターンなら順張りに、
逆張りのチャンスのチャートパターンなら逆張りから入る。

 

たったそれだけのことで、言葉にするのも恥ずかしいくらいですね。
なぜわざわざやり方を分ける必要はないんです。

 

あえて重視するなら、エントリーするポイントを見極めるための
しっかりしたチャートの読み方でしょうか。

 

要するに、しっかりとしたリスクの範囲を考え、
自分の中でちゃんとルールを決めてトレードするのならば、
そこに『順張り派』や『逆張り派』などという線引きはありません。

 

むしろ、そのどちらも使いこなせて初めて
一人前のトレーダーと言えるのかもしれません。

 

トレーダーの目的は自分のトレードスタイルを意固地になって貫き通すことではなく、
トレードで利益を上げることこそが真の目的なんですから。

 

【鶴式FX スキャルピング・プラス】
では、トレードの基礎的な部分から応用に至るまで
「なぜこのような方法でトレードするのが重要なのか」
という部分を、しっかりと噛み砕いて説明していきます。

 

そういったことを踏まえて、あなたには本カリキュラムで学んだことを生かして
『勝ち張り派』
のトレーダーになっていただきたいですね。

 

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

FXというのは、あなた自身の資金を使ってトレードするのですから、
やはり気になるのは、その資金が増えるかどうかということですね。

 

だからこそ、どんなトレーダーの方でもトレーダー同士で集まった際には
「いくら勝った」「いくら負けた」という、収支の話でもちきりになります。

 

この「勝った」「負けた」というのはどういった基準で決まるのでしょうか。

 

もし、あなたが局地的なプラスマイナスでそれを判断しているのだとしたら、
その考えは少し危険かもしれません。

 

なぜなら、プロのトレーダーというのは、1回のトレードにこだわるものではなく、
大体1カ月くらいのスパンにおいてトータルでの成績を重視するものです。

 

その理由として、1回のトレードにこだわってしまうと結果として
大局を見失ってしまうこと多々ある、ということが挙げられます。

 

特に、損切りもうまくできないようなトレードに慣れない時期だと、
プラストレードを積み上げても、1回のマイナストレードに足を引っ張られてしまい、
1カ月の収支トータルがマイナスなんてこともよくあります。

 

もしあなたがそういうタイプだったとしたら、いったん頭を切り替えましょう。

 

損切りで出た損失は、勝率80%以上を目指のですから
プラストレードで取り返せばOKです。

 

さらに、利益が伸ばせる局面ではトコトン利益を伸ばすので、
損切は必要経費くらいに考えてください。

 

いまは小さく負けてしまっても、1カ月のトータルで勝ちに行く、
という視点を持っていただきたいと思います。

 

そうすれば、1トレードにこだわってマイナスポジションを
長く持つこともなくなるでしょう。

 

利益を伸ばせるときには思い切って伸ばしていき、
見込みがないポジションは早い段階でサクッと切る。

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

と、思われるでしょうか?

 

でもご安心ください。

 

【鶴式FX スキャルピング・プラス】
では、そういったエントリー、利確、損切り、そして重要な場面においての
トレーダーのマインドの部分に至るまできめ細かにフォローしています。

 

本カリキュラムをしっかりと学習していただければ、
パッとチャートを見て確かなポイントが分かるようになるので、
エントリーするタイミングを迷うことがなくなります。

 

また、損切すべきポイントや利確のポイント、さらには簡単に利確せず、
利益をトコトン伸ばすべきチャートの形状まで解説しています。

 

結果として、トータル成績はプラスが続き、気が付けば資金が大きく増えていた。
ということになります。

 

 

FXの方法 - 鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】

 

このサイトを見ている方というのは、いったいどんなタイプの方でしょうか。
きっとサラリーマンの方もいれば、主婦の方もいるかもしれません。

 

もしかしたら、さらに利益を伸ばしたい専業トレーダーの方にも、
カリキュラム内容に興味を持っていただけたかもしれませんね。

 

色んな方がいらっしゃるかと思いますが、みなさん
「もっともっと利益を取りたい!」
という思いは一緒ですよね。

 

私もそうです。
トレーダーならばみんな共通の思いでしょう。

 

そんなあなたの思いを叶えるために、
【鶴式FX スキャルピング・プラス】
では、チャンスの相場が現れた際にもっとも利益を伸ばせるような
カリキュラム内容に仕上げてあります。

 

いま以上に利益を伸ばしたい、という思いを叶えるためには、
その思いを満たすだけの相場が訪れた時に対応できるだけの力が必要になります。

 

それには技術的な面だけではなく、常日頃からチャートの転換パターンに触れ、
チャートパターンが出た際に反射的に体が動くだけの“実践力”が必要です。

 

そして、相場でまれに起こるすべてのチャートパターンの要素が重なった、
言うなれば「美味しい」チャートが出現した際に、
獲物を狩るハンターのように集中して利益を取りに行けるようにします。

 

【鶴式FX スキャルピング・プラス】
でもっとも重視している『実践動画』で訓練しておくことが重要になるでしょう。

 

『実践動画』では
『チャートにこんな変化があった場合は上昇(下落)の合図』
といったような、チャートのパターンを視覚的に表示しながら
分かりやすく実践的にチャンスのタイミングを解説します。

 

また、『実践動画』は定期的に更新されるので、
継続して“実践力”を磨くことが可能です。

 

FXに関する基礎的な知識ならばほかのカリキュラムでも学習可能かとは思いますが、
明日のトレードに直結する“実践力”を養えるのは
【鶴式FX スキャルピング・プラス】
ならではの要素なのではないでしょうか。

 

さらに『タイムリー実践トレード号外編』と題しまして、
「相場に大きな変動があった際に、私がどんなトレードをしたのをか」
という内容の動画も随時お届けします。

 

大きな変動……。つまり、美味しいチャートのことですよね。

 

この動画を見れば、実際に美味しいチャートが出た際に
どんなトレードをすればいいのか、ということを実践的に学習することができます。

 

基礎的な技術が身に付いて、さらに実践で見る目が養われたら
反射的にチャンス相場が判別できてしまうでしょう。

 

本カリキュラムでの学習を通じて、
あなたにもトコトン利益を獲りつくす快感というものを
味わってもらいたいと思っています・・

>> 鶴式FX スキャルピングプラスの詳細はこちらをクリック!
鶴式FX スキャルピングプラス - 価格キャッシュバック

鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】解説ホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール FXの方法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判 質問Q&A